Les Adorables - 愛すべきパリの人びと
シックでロマンチックなはずのパリで見つけた、お茶目な人びと。


※サイドメニューが写真に重なって表示されてしまう場合は、お手数ですがウィンドウ幅を広げてみて下さい。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現実と虚構の境目/ borderline between reality and fiction/ frontiere entre la realite et la fiction
borderline between reality and fiction
写真と同じ色合いのためか、飛び出す画像のような視覚効果を与えるペンキ塗り。
ペンキを塗って行くに従って、だんだん虚構の世界に含まれて行ってしまいそうです。

Due to the same colour tone, painters look like a part of the piture, with a little bit of 3D virtual effect.
As the painting progresses, they seem to be getting involved in the fictional world.

Par le ton proche a celui de la photo au fond, les peintres paraisent faire une partie de l'image.
Plus ils peignent, plus ils s'incluent dans le monde de fiction, on dirait.

↓↓現実世界のクリックお願いします!
ranking banner

comments
comments to this photo
本当だ!ペンキ塗りのおじさんの姿が飛び出して見えます(^_-)-☆
ってな訳ないか(^^ゞ
クリックしているが、今一歩飛び出せない(T_T)
2010/11/21(日) 00:04:05 | URL | Con-Nature #-[ edit]
今流行りの、3Dみたい!!
そばにいたら、引きづりこまれて行きそう。
2010/11/21(日) 09:42:48 | URL | セシリア #leF2ecbc[ edit]
子どものころからずっとフランスに憧れて、大学でフランス語専攻。
でもなぜかアメリカで生活するハメ(!)になりました。いつも、日本語、英語、フランス語を読みながら、素晴らしいそれぞれの言語での表現に脱帽です。
でも、やっぱりフランス語を読むとパリの香りがして、そこから始まるドラマに吸い込まれて行きます。
2010/11/21(日) 14:44:15 | URL | Naho #-[ edit]
描いている人も実は描かれた絵の一部だったというオチ?(笑)

最近の 3Dテクノロジーはスゴイです。
これは動画ですが最初に登場する恐竜などもうリアルすぎてびっくり
http://www.youtube.com/watch?v=dOxKNmUOZGs&feature=player_embedded

パリのガーゴイルもチョイ役で登場してます(笑)
2010/11/21(日) 20:54:57 | URL | Yossi #.8RyVs8I[ edit]
>Con-Natureさん
「ってな訳ない」ことないですよ!飛び出して見えますよね??(笑)

>今一歩飛び出せない(T_T)

がーん・・・。
一歩も二歩も飛び出せるように、今後ともクリックお願いいたします。
2010/11/21(日) 21:00:34 | URL | dauphine #OARS9n6I[ edit]
>セシリアさん
実は「3D」を使ったタイトルにするか、最後まで迷いました。^^
2010/11/21(日) 21:02:13 | URL | dauphine #OARS9n6I[ edit]
>Nahoさん
アメリカからの閲覧&コメント、ありがとうございます!

>素晴らしいそれぞれの言語での表現に脱帽

ありがとうございます!英語やフランス語でもなるべく面白くなるように
苦労しているので、読み比べて味わってくださる方がいるというのは励みになります。^^

ただ、英仏バージョンは、時にこなれていなかったり、さらにはとんでもない間違いを
していたりと、なかなかクオリティを安定させられないのが
悩みです。

今後ともよろしくお願い致しますね。
アメリカ生活もいろいろと大変そうですが、またちょくちょく遊びにいらしてください!
2010/11/21(日) 21:19:21 | URL | dauphine #OARS9n6I[ edit]
>Yossiさん
>描いている人も実は描かれた絵の一部だった

エッシャーの絵のようですね。

私は魚の群れに感動しました。
それと、街並みのところが気になったので、さらにその先のリンク先、ポーランドの
映画会社に行ってみましたが、3Dで再現したワルシャワの街並みは迫力でした。

ただ、3Dって、どうしても「リアルな3D」の域は出ませんよね。実写の代わりには
なれない違和感があるのですが、完璧すぎちゃうのでしょうか。
2010/11/21(日) 21:27:25 | URL | dauphine #OARS9n6I[ edit]
>dauphineさん
>ただ、3Dって、どうしても「リアルな3D」の域は出ませんよね。実写の代わりには
>なれない違和感があるのですが、完璧すぎちゃうのでしょうか。

CGでモデリングされた人間はリアルに近づけると本物と見分けがつかなくなる直前の領域に「不気味の谷間現象」が起きるので Pixarなどは人間のキャラクタは意図的に CGっぽくしてるらしいです。

将来は実写ドラマと見分けがつかないような 3DCGアニメーションが登場すると言われてますけどね
「不気味の谷間を克服してる?」
http://www.youtube.com/watch?v=-r5aQYbX3bU&feature=player_embedded
2010/11/21(日) 22:46:51 | URL | Yossi #.8RyVs8I[ edit]
ほんとだー!
そして非常に、ディズニーシーの、シンドバットのアトラクションにある、巨人に似ています!(真ん中の枠の人です)
シーにいったらぜひチェックしていただきたい!
2010/11/22(月) 01:04:21 | URL | みなこ #Shg9h0fw[ edit]
>Yossiさんふたたび
確かに、これくらいの画面だと、ごく自然に見えますね。
(初めのうちは気がつかなくて、「早く本題に入らないかなぁ」と待っていました^^;)

大きい画面で見ても違和感はないのでしょうか。

しかし、ほとんど本物と見分けがつかないようなCGを作れてしまうと、
それはそれで大変な社会になる気がしますね。
2010/11/22(月) 22:08:45 | URL | dauphine #OARS9n6I[ edit]
>みなこさん
そのアトラクション、行ったことがあるはずなのですが・・・。
今度機会があったらチェックしてみますね。
(って、「真ん中の枠の人」って、写真の
中の人?古典美術品だと思うので、アニメなどの元ネタになっていても
不思議はないですよね)
2010/11/22(月) 22:10:27 | URL | dauphine #OARS9n6I[ edit]
似ている人、きになって、調べてみました。
これです。
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/25/83/e53afddb94ec3374f3d3053ea44a35fe.jpg

・・・「枠に入っているおじさん」という点が似ているだけだった・・・?!
2010/11/22(月) 22:35:23 | URL | みなこ #Shg9h0fw[ edit]
>みなこさん
確かに、境遇は似ているかも知れないですね。。。
2010/11/24(水) 06:46:06 | URL | dauphine #OARS9n6I[ edit]
post a comment
URL:
Comment:
Pass:
秘密/closed: 管理人にだけ表示を許可する/show only to the administrator
 
アクセス解析タイ・バンコク情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。