Les Adorables - 愛すべきパリの人びと
シックでロマンチックなはずのパリで見つけた、お茶目な人びと。


※サイドメニューが写真に重なって表示されてしまう場合は、お手数ですがウィンドウ幅を広げてみて下さい。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
繰り返される過ち/ repeated errors/ erreurs repetees
repeated errors
公園のあずまやの屋根の上は、乗ってしまったボールの宝庫。

On the roof of a gazebo in the park is there a reservoir of balls.

Sur le toit d'un pavillon du parc est un tresor des ballons.

↓↓もっと上位に乗ってしまえるよう、クリックお願いします!
ranking banner

comments
comments to this photo
こんな過ちが繰り返されているうちは、可愛いもんですよねー
政治的とか、犯罪とか、何故?ていうくらい、分かりきった事が繰り返されていて、悲しくなりますね。

話違いますが、高校から、海外に正規留学って、どう考えますか?ちょっと行き詰ってしまって。
2010/07/09(金) 23:16:55 | URL | セシリア #leF2ecbc[ edit]
>セシリアさん
これは本当の意味でかわいい過ちですよね。
ボールを買ってあげた大人としては許せないかも知れませんが(笑)。

さて、留学のお話。
海外生活経験のある人に、軽く意見を聞いてくださってみた、というところなのでしょうが・・・。

人に意見を求めれば、きっと聞いた人の数だけ違う意見が返ってくることでしょう。
それも、所詮は無責任な他人の意見です。

結局は、「高校からの正規留学」にどういう利点とどういう不利な点があるのか、その不利な点は乗り越えうるのか、あるいはその利点は不利な点を補ってあまりあるのか、を(できれば本人主導で)リサーチした上で、よく考え話し合って決めるしかないという思いに至ります。
(また、留学は大学入学以降、あるいはもっと後ではダメなのか、それはなぜなのかということも)。
考えたり話し合ううちに、お嬢さんも、何が自分にとって人生で本当に大切なこと・妥協できないことなのかということも見えてくるかも知れません。

結局、今の時点で本人にどれくらいの行きたい気持ちと、その後の人生を含めた覚悟があるかでしょうね。
大切なのは、本人が最終的に自分自身の決断と自分自身の覚悟とで行くということです。
そうでないと、ひたすら受け身で3年間が終わったり、後悔したりと言うことになるかも知れませんから。

で、「高校からの正規留学」という件についての私自身の主観的な考えをあえて述べるというなら、私は、目先の有利不利はさておき、長い目で見て人生にプラスだと思っています。なるべく若く柔軟な(そして時間のある)うちに世界に出て行き(それも正規留学や就職というじっくり腰をすえる形で)、違う価値観や常識の中でマイノリティになる経験をし、苦労して自分のアイデンティティを探すというのは、他で得難い経験です。自分の見知った世界を飛び出して苦労することはいつだっていい経験なのですが、やはり若いときにしか得られない物もありますから。
機会があるというなら是非行くべきだ、と思ってしまいますね。
そもそも、これからの時代、日本国内だけで完結して生きていくことは難しくなっていくでしょうし。

ちなみに、私自身を振り返れば、日本の普通の公立高校で過ごした3年間(そしてその後の大学生活や日本での勤務経験)はかけがえのない思い出・経験であり、後悔はありませんが、でも、「中学卒業時点で思い切って渡仏していれば、回り道をしないですんだかも知れない」と思うこともあります。ただまあ、結局、人生では自分の選んだひとつの可能性しか生きられないのですから、どちらがよかったかなんて永遠に分かりようがありませんけれどね。
やっぱり、自分に後悔がないということが大切ですね(あれでよかったのか、という迷いはあっても)。

ところで、私は、迷って決められないときは、より変化の大きいほう、より冒険的なほうを選ぶことにしています。
そういう人物の意見だということを考慮に入れておいてくださいませ。

あまりお力になれずすみませんが、私自身高校での留学の経験もないですし、これ以上のことは言えません。
是非、納得のいく決定ができますよう。

あ、もし留学を決めたとして、高校卒業後に日本に帰国して進学(あるいは就職)する場合と、渡航先で進学(あるいは就職)する場合、それぞれどんな可能性があって何をがんばっておかなければいけないのか、あらかじめ具体的に調べておくと安心かも知れませんね。
2010/07/10(土) 23:41:53 | URL | dauphine #OARS9n6I[ edit]
このボールたち、人生の一面を象徴してますね :-)
自分のボールはいつでも自由に蹴ることができる。
自分が狙ったゴールに命中するかどうかは別として・・
時に、注意深く蹴っても思わぬ方向に飛んだり何かにバウンドしてこの写真のようになることもアリ!
人生には「時と予見しえない出来事」がもれなく付いてる。
それを前提に生きることが正解なんだろうと思う(笑)
2010/07/11(日) 09:13:02 | URL | Yossi #.8RyVs8I[ edit]
>Yossiさん
深いですね。^^

そうですね、いつでも自分で好きなように蹴ることができるわけです。
そして、「予見し得なかった出来事」がすばらしい結果に導いてくれることもあるし、
少なくとも何らかのスパイスを与えてはくれるんですよね。

私は旅をするとき、スケジュール通りにすべて進むより、何らかの予見できない
出来事が発生するほうがより楽しめることもあります。
(順調に予定通り進んじゃった旅はあまり印象に残らないことも多いのです)
人生もそういう部分、ありますよね。

自分で狙ったゴールに命中することだけが幸せって訳ではないんですよね。
むしろ、人生が自分の想像内で収まってしまったらつまらないのかも^^
2010/07/11(日) 18:53:30 | URL | dauphine #OARS9n6I[ edit]
post a comment
URL:
Comment:
Pass:
秘密/closed: 管理人にだけ表示を許可する/show only to the administrator
 
アクセス解析タイ・バンコク情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。