Les Adorables - 愛すべきパリの人びと
シックでロマンチックなはずのパリで見つけた、お茶目な人びと。


※サイドメニューが写真に重なって表示されてしまう場合は、お手数ですがウィンドウ幅を広げてみて下さい。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地下鉄の女王、お菓子の王様/ queen in the metro, king of the cakes/ reine dans le metro, roi des galettes
queen in the metro1
地下鉄で見かけた女王様。
王冠の出所は・・・

The crown of this "queen" came from...

La couronne de la "reine" vient de...

Click to Vote:

↓↓クリックの出所は問いません、お願いします!
ranking banner
queen in the metro2
「王様のお菓子」と呼ばれるこのお菓子にもれなくついてくるもの。

アーモンドクリームが詰められたパイの中には、小さな陶製の人形がひとつ
隠れていて、当たった人はその日の王様・女王様という趣向。

しかし、


...this pie which is called "kings' cake"

In the pie filled with almond cream, there is a little porcelain figure (often
associated with the characters from the Bible), and the one who draw
a part with the figure is crowned as a king or a queen of the day.

However,


...la galette des rois, bien sur!!

Cependant,

queen in the metro3
この特大バージョンのは「王様のお菓子」よりむしろ「お菓子の王様」の風格。

This huge one is rather "the king of cakes".

Celui-ci de la taille enorme est plutot "le rois des gateaux".


※ちなみに「王様」とは、生まれたばかりのイエス・キリストを訪ねてきた
3人の博士のことを指しています。
厳しいことを言えば、3人の博士がキリストに会ったとされる1月6日に食べるもの
なのですが、これを食べること自体がイベントでありパーティの口実なので、
週末に集まって食べる人が多いのです。

*By the way, "kings" refer to "three kings (magi)" in the Bible, who have visited
the baby Jesus. So strictly speaking, French kings' cake is to be eaten on the Epiphany,
the 6th of January, but as it is a very good excuse for having a party,
Parisians usually eat one (or several) on week-ends.

**En Espagne, on met encore une vraie feve dans la galette , et l'elu(e)
("le rois" ou "la reine") doit acheter une autre galette pour tout le monde sur place.
Alors, ce qui se passe souvent est que la personne qui a tire la feve,
si elle ne veut pas payer pour une autre, avale la feve en cachant!!

Click to Vote:

↓↓ロイヤル(royal=王族の、loyal=忠実な)クリックお願いします!
ranking banner
comments
comments to this photo
こんなお菓子、初めてみたー!
お菓子の中に人形が入っているなんて、おもしろいね!ぜひとも食べてみたーい。

それにしても最近、東方三博士が熱いね!!
(私の周りだけ?!)
2009/01/11(日) 00:54:48 | URL | みなこ #Shg9h0fw[ edit]
>みなこさん
最近は日本でも売っているみたいですよ。
フランス系のパン屋さんに行ってみて下さい。たぶん今週末くらいまでなら
間に合うんじゃないでしょうか。

けっこう美味しくて、私は好きです。
でも、1週間のうちに4回も5回も食べる機会があると、さすがに
「今年はもういい・・・」と思いますけれど(笑)。

東方三博士ファン(?)のみなこさんには
是非試して頂きたいです(笑)。
2009/01/11(日) 02:37:31 | URL | dauphine #OARS9n6I[ edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/01/11(日) 08:37:12 | | #[ edit]
>鍵コメ@08:37:12さん
私も、或る年には3回くらい当たったことあります。しかも、そのうち
2回は同じお菓子から出土(パン屋が間違えて同じお菓子の別の箇所に
2個、フェーヴを入れてしまったようなのです。パーティで食べきれなかった分を
後で同居人と分けて食べたらまた当たり、びっくりです)。
私は喜んで王冠を被るタチです(笑)。

ところでなぜ鍵コメなのでしょう?

2009/01/12(月) 00:08:42 | URL | dauphine #OARS9n6I[ edit]
すみません。間違えて、鍵コメになっちゃったようです。もちろん、意味はありませーん。
2009/01/12(月) 00:12:05 | URL | Q #zN/EKbBk[ edit]
>Qさん
一見何気ないコメントに、何か深い意味が隠されているのかと、
ドキドキしながら何度も読み返してしまいました(笑)。
2009/01/12(月) 02:36:37 | URL | dauphine #OARS9n6I[ edit]
素敵なお菓子ですね~食べてみたい。。
私もカトリックだけど、そんなイベントがあるなんて・・初めて知りました><
パーティも楽しそうですね~
2009/01/12(月) 12:20:16 | URL | Seiya #zx4lQc3M[ edit]
>Seiyaさん
Seiyaさんはカトリックでいらっしゃるんですね。

宗教を取り入れるときに、習慣も一緒に取り入れるとは限りませんものね。
同じお祭りでも、国によって習慣がだいぶ異なることもよくありますし。
(クリスマスみたいに大きなお祭りでも、フランスとイタリアのように
隣り合った国どうしなのにかなり違ったりします)
中には「カトリックのお祭り」とか言って、実はもともとはキリスト教以前の
異教の祭りだったものを無理矢理取り込んだものも多いですしね。

ただ、最近、日本にあるフランス系のパン屋さんではけっこうこのお菓子を
宣伝しているようなので、そのうち根付くかも知れませんね。
(日本では製造者責任法があるため、人形も陶製じゃなくて、飲み込んでも
大丈夫な材質のものになるかも知れませんけれど)

ちなみにアメリカではカーニバルの期間(3月)に食べるようです。
2009/01/12(月) 19:32:40 | URL | dauphine #OARS9n6I[ edit]
post a comment
URL:
Comment:
Pass:
秘密/closed: 管理人にだけ表示を許可する/show only to the administrator
 
アクセス解析タイ・バンコク情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。