Les Adorables - 愛すべきパリの人びと
シックでロマンチックなはずのパリで見つけた、お茶目な人びと。


※サイドメニューが写真に重なって表示されてしまう場合は、お手数ですがウィンドウ幅を広げてみて下さい。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
危険なふたり/ daredevils on a date/ temeraires parlant d'amour
daredevils
落ちないように気をつけて…。
たとえヘルメットをしていても、危険ですので。

It can be fatally dangerous...even with helmets on.

Attention a ne pas tomber du pont...meme avec un casque mis a la tete.

Click to Vote:

↓↓ランキング、落ちないようにクリックお願いします!
ranking banner
comments
comments to this photo
dauphineさんへ
昨日のお返事ありがとうございました♪
的確なアドバイスのお蔭で、まんまと
一眼レフを買わなくて良さそうです(笑)

日本では、今、やたらと一眼レフ流行
みたいで。。。デジカメで撮ってると、
一眼レフの方がイロイロ撮れて面白いのに~とか言われます...(=0=;)

しかし。。。
素人目に見ていても、そんなに良さが
わかるお写真を撮っている方が少ないので
私は当分デジカメで。。。(^0^;)

今日のお写真は、タイトル通り、かなり
デンジャラスなお二人ですが。。。
この方々は何をしているのでしょう??

良い子じゃなくても真似したくないです~
2008/11/29(土) 23:39:03 | URL | みーま #-[ edit]
サイトスペスィフィック
やっぱパリは絵になるね。
もうアートだものさ。
これが日本橋だったら、数分後に補導(笑)
ドキュメンタリー写真になるかも。

現代アートの件だけど、外国の美術館やエクスポジションで触れると全身を通じて右脳に伝わってくるものもある(と思う。)。
けど、日本だと、悲しいかなサイトスペシフィックなものになればなるほど、良さが伝わってこなくなってしまう。
会場が良くないというだけではなくって、なんというか、作品をとりまく人を含めた全体の雰囲気みたいなものなんだ(と思う。(笑))
今、日本では横浜で現代アートの展示してるんだけど、正直微妙でした。
2008/11/30(日) 00:05:15 | URL | 久喜クッキー #NlgAw69E[ edit]
はじめにタイトルから想像した写真と少し違いましたが(笑)、これぞ本当に「危険なふたり」ですね。
2008/11/30(日) 02:11:49 | URL | simon #s.V9SYaU[ edit]
>みーまさん
まあ、確かに、一眼レフで表現が広がるというのも事実ですけれどね。
でも、一眼レフを買えば写真がうまくなるというものでもないですし(技術的には
うまくなったりもしますが)、よく分からず買ってしまって結局使わなく
なってしまったりしたらもったいないですからね。

逆に、携帯電話のカメラだけで写真を撮って回って個展をしている
プロの写真家もいます。
「一眼レフでなければ撮れない写真」というのはあるとは思いますが、
「一眼レフでなければ写真は撮れない」と
言うわけではないのです。

一眼レフは、一度誰かに借りて使ってみるといいかも知れませんね。
薦めてくださるご友人に頼んでみては。

「デンジャラスなおふたり」は、命を賭けて愛を語っているんでしょうかね。。。

ところでみーまさんは「よい子」じゃないんですか?(笑)
2008/11/30(日) 11:47:56 | URL | dauphine #OARS9n6I[ edit]
>久喜クッキーさん
何だかフランスかぶれみたいになっちゃって(笑)。

まあ、日本は過保護社会ですし、何かあればそこから教訓を
得ようとする「勤勉なメンタリティ」ですので、事件事故があると
誰かが責任を負わないと終わらなくなっちゃうんですよね。
セーヌに落ちる死亡事故は時々あるのにニュースにもならない
パリと違って、日本橋なんかで落下事故があったら
「セラヴィ(それが人生)」じゃ済ませてもらえませんものね。
警察も責任追及される前に補導したくなるでしょう。

日本で生活するのは集団生活をするイメージですよね。

日本橋のドキュメンタリー写真、セルフモデルで是非、期待してます!(笑)

現代アートについてはいろいろな問題を含んでいますね。

日本について絞って言えば、「分かる人」「分からない人」に二分化されて
しまって、「分からない奴は口出ししてはいけない」みたいな雰囲気が
あるかも知れないですね。だから、「私には分からないけどすごい
アートらしいよ」「分からない世界だねー」で終わってしまうんです。
個々人がそれぞれ自分の視点や意見を持って当たり前なのに、
「専門知識がない人が下手なことを言うと恥」みたいになっちゃう
んですよね。

文化財のお城で現代美術展をやる意義だとか、新しく建設中の
環境アートなんかについて居酒屋で議論を戦わせたりするような
土壌はないですものね。。。
これは美術教育の問題ですかね。

とにかく、そのせいで「アートの判断をする人」があまりに
専門化・内輪化してしまって、一部の評価でアートの価値が
決まってしまっていると言うか。
「王様は裸だ!」と叫ぶ人がいないんですよね。
だから、「アートと言ったもの勝ち」になってしまっている風潮があります。

それで「作品をとりまく人を含めた全体の雰囲気」がダメなんでしょうか。
見る人が受け身だから。

サイトスペシフィックのアートがダメという問題については、私は
具体的なイメージも実感もないのでよく分かりませんが
(まさか宇都宮の餃子像とかですか??)、日本では都市そのものの
あり方が刹那的で消費的なので、つまり街自体の風景が数年単位で
どんどん変わって行ってしまうので、アートを受け止めきれないのかも
知れませんね。

短くなるよう推敲したのですが、何だか記事並みに長くなってしまいました。
今度会ったときに語りましょう。
それかメールで。
2008/11/30(日) 22:51:04 | URL | dauphine #OARS9n6I[ edit]
>Simonさん
いったいどんな想像をされたのか興味があります!(笑)

看板に偽りはなかったでしょう?(笑)
2008/11/30(日) 22:52:02 | URL | dauphine #OARS9n6I[ edit]
おーー、こんなことしても怒られないのですね!
これまたパリにいった暁には、チャレンジしてみたいと思います♪
こういう、足がすーすーする所は大好きなのです。

アートのお話・・・アートの前で挙動不審やら質問攻めになる私をあたたかくむかえてくれるdauphineさんにはほんとに感謝i-229
2008/12/01(月) 00:45:00 | URL | みなこ #Shg9h0fw[ edit]
>みなこさん
うーん。。。
機嫌の悪い警官が通ったら怒られる可能性もあります。
河岸でマジックをやっていたマジシャンの鳩が川に落ちたのを
助けようと川に飛び込んだ人は連れてかれてました。

チャレンジする際には落ちないで下さいね。
足がすーすーするだけでいいのであれば、河岸に腰掛けるだけでも
いいのでは・・・?

それにしても、みなこさんの「パリに行ったときにすることリスト」、
見てみたいですね(笑)。それこそ挙動不審なことになってそうです。

私、アートについて(適当に)語らうの、好きみたいです。
2008/12/01(月) 01:23:23 | URL | dauphine #OARS9n6I[ edit]
post a comment
URL:
Comment:
Pass:
秘密/closed: 管理人にだけ表示を許可する/show only to the administrator
 
アクセス解析タイ・バンコク情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。