Les Adorables - 愛すべきパリの人びと
シックでロマンチックなはずのパリで見つけた、お茶目な人びと。


※サイドメニューが写真に重なって表示されてしまう場合は、お手数ですがウィンドウ幅を広げてみて下さい。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
眺めのいい部屋/ a room with a view/ avec vue sur Paris
a room with a view
冬の間、ホームレスの人々が凍えないよう、慈善団体が配布するテント。

おのおの自分の好きな場所に設置するので、雨風がしのげる場所や
権利関係があいまいな土地など、「人気」の場所にはテント村ができます。

しかし、このテントの持ち主にとっては、とにかく眺望が最優先条件だったのでしょうか。
密かに「パリで最も眺めのいい家のひとつ」と呼ばれています。


During the winter period, a charity organization provides homeless people with
tents, so that they don't freeze.

In some "popular" places such as public spaces well-sheltered from wind and rain,
a kind of "tent village" suddenly appears at the beginning of the winter.

But this tent-owner's priority seems to be a good view, much more than usual comfort.
Some people call this "a house with one of the best views of Paris".


Pendant l'hiver, Les Medecins du Monde fournissent des tentes aux SDF.

Souvent dans des lieux "d'une popularite", comme des terrains dont la propriete
n'est pas claire ou des espaces bien abrites, pousse une espece de "village de tentes"
au debut de l'hiver.

Contre cette tendance bien normale, le proprietaire de cette tente, il semble preferer
un lieu avec vue a un avec comfort.
On dit que celui-ci est un logement avec une de plus belles vues sur Paris.

Click to Vote:

↓↓どんな状況でもこだわり抜く、頑固なクリックお願いします!
ranking banner


※↓タイトルの元ネタはこちら(外部リンクです)。
眺めのいい部屋 完全版 スペシャル・エディション
comments
comments to this photo
dauphineさんへ
コメントのお返事嬉しく拝読致しました♪
いつも、ご丁寧にありがとうございます。

確かに!日本にいると、時代は平成に
移り変わっていても、未だ昭和初期の様な
考え方を重んじている習いがあるので。。

何でも適度に節度を持って。。。というのが
よろしい様ですね(^-^)

私はたぶん、カメレオンの様に、TPOに
順応するタイプです。。。(笑)

今日のお写真は、これまたどちらから
撮影されたのでしょう??と思うような
見晴らしの良い場所ですね~♪♪

dauphineさんは、スパイダーマンみたいに、高い場所や色んな角度から、写真撮影
をされるので、一度、撮影姿を拝見してみたいです~!

2008/11/13(木) 23:17:54 | URL | みーま #-[ edit]
>みーまさん
みーまさんには何だか真面目に丁寧な返事を返さなければいけないような
プレッシャー(笑)を感じるのです。
だって、「勉強になりました」とか言われちゃうのです、いい加減なことは
言えません。

あ、別に他の人へのコメントがいい加減って訳じゃないんですが(笑)。

TPOに順応できるのは素晴らしいことです。パリでは是非いちゃいちゃしてください(笑)。

スパイダーマンって・・・。
今日の写真は普通に、このテントのある階段のところから撮りました。
(ここモンマルトル界隈は、けっこう階段が狭くて急なところが多いので、
独特の見晴らしが望めます)。
ああ、夢と妄想を壊してしまったでしょうか??(笑)
2008/11/13(木) 23:49:07 | URL | dauphine #OARS9n6I[ edit]
ご無沙汰してます、やっとブログ見れる状況にはいりました!
明日にでも過去分をまとめて見るぞー。

テントの主、いったいなぜにここに設営したのか、ほんとに聞いてみたいですね。
でもdauphineさんがもしテントをはるのなら、やっぱりこういう場所にはるような気がします(笑)
2008/11/14(金) 00:19:33 | URL | みなこ #Shg9h0fw[ edit]
>みなこさん
おお、どこに行ってしまったのかと心配していました。
明日はきっとコメントの嵐(笑)ですね。

ほとんどの人は集まって村のようなものを作り、助け合ったり集団自衛をしたり
時にはパーティをしたりして冬をしのぐようですが、この方は毎年ここなんです。

すっぽりはまる安心感がいいのでしょうか。
生活するには不便そうな場所なんですけれどね。場所の構造上すぐそばを観光客が
通るのは避けられず、うるさいですし。

私がテントを張るとしたら・・・確かに不便でも何かオリジナリティか自慢のネタが
あるこういう場所にするかも知れないですね。。。
2008/11/14(金) 00:28:33 | URL | dauphine #OARS9n6I[ edit]
同じくご無沙汰してます。
「こんな写真はここじゃないとみられない」というならでは感たっぷりですね。
てかこんなとこにテント張るのを許してもらえるというのがすごい。
2008/11/18(火) 13:51:09 | URL | 音羽屋 #IcY5co6Q[ edit]
>音羽屋さん
おお、お久しぶりです!お元気でしたか?

>「こんな写真はここじゃないとみられない」というならでは感たっぷり

ありがとうございます。
うれしいです。
これからも、「ここでしか見られないもの」にこだわって行きたいです。

許してもらっている、というより黙認という感じですね。ただ、追い出されも
せず、見たところ嫌がらせもされていないのはすごいですね。

テントオーナーの性格もいいのかも知れません。近所の住民たちと顔なじみに
なり、あいさつや言葉を交わすようになってくると、親しみが湧いて、
追い出したりできなくなりますからね。
(行政が追い出そうとしても地元民がかばったりとか)
2008/11/18(火) 16:51:06 | URL | dauphine #OARS9n6I[ edit]
どこの国にもホームレスはいるんだね、
なんでだろうか、全人類の何%を占めるだろう?
働き者と思われているミツバチも、蟻も、
実は30%がのらりくらりで、働かないと言う。
このホームレスのテントで、
非常階段が使えず困る人もいるでしょうあ。
2008/11/19(水) 09:51:15 | URL | お散歩大好き!歩でーす ^ ^v #-[ edit]
>お散歩大好き!歩でーす ^ ^vさん
たぶん下の家は誰も住んでいなくて、今のところ誰も困る人がいないのでしょう。
(でなければテントのオーナーも二冬連続でこの場所をキープするのは
不可能だったでしょう。フランス人が、権利があるのに「遠慮して文句を言えない」とは
考えられないですし、本当にどかしたければ
警察を呼ぶでしょう)。

貧困の構造は国によっても異なるので、「なんでだろうか」という質問に
答えるのは簡単ではありません。

(ただ、ひとつ付け足しておくと、単純に「のらりくらりで働かない」のが目的だったら、各種扶助が
手厚いフランスに於いては、社会から外れず、もっと快適な生活を送りながら
楽をするうまい方法はいくらでもあります。
一週間に2日ほど働けば、いろいろな扶助を駆使して、普通にそこそこの
家を借り、まともで快適で文化的な生活を送ることも十分できてしまうくらいです。
決まった住所がないことでそうした扶助も受けられなくなることを考えると、
自ら進んで選択した結果であるとは考えにくいのです)。

それにしても、年々路上生活者の数が増えているように感じます。
悪化する経済状況のバロメーターのようです。
2008/11/19(水) 11:53:15 | URL | dauphine #OARS9n6I[ edit]
post a comment
URL:
Comment:
Pass:
秘密/closed: 管理人にだけ表示を許可する/show only to the administrator
 
アクセス解析タイ・バンコク情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。