Les Adorables - 愛すべきパリの人びと
シックでロマンチックなはずのパリで見つけた、お茶目な人びと。


※サイドメニューが写真に重なって表示されてしまう場合は、お手数ですがウィンドウ幅を広げてみて下さい。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
孤独な王/ lonely king/ roi en solitude
lonely king
ふと気づけば周りは住宅街。
恐るべき民衆のパワー。

Before he knows it, he was in the middle of the residencial area.
People are terribly powerful.

Meme avant qu'il le sache, il etait au milieu du quartier residenciel.
De la puissance formidable de peuple...

↓↓恐るべきパワーでランキング革命お願いします!
ranking banner

comments
comments to this photo
久しぶりの写真、素敵です。『孤独な王』は時代の変遷をこのように見つめ続けているのですね。それと、私は屋根の上の煙突が大好きなのです。「あの煙突はどんな部屋に繋がっているんやろ?」と煙突の数だけのドラマを想像します。
2011/07/15(金) 08:13:29 | URL | anonymous #iX1rXjjY[ edit]
>anonymousさん
ありがとうございます。^^
そうですね。行き交う人々のファッションが変わり、馬車がやがて車になり、
街灯がガスから電気になり・・・という変遷を見守り続けているのでしょう。

煙突は、確かに想像をかき立てられますよね。ちなみに、私が以前住んでいた
部屋は、使用されていないものの煙突そのものは残っており、やはりドラマが
ありましたよ。
なんと、煙突から鳩が落ちてきたのです。びっくりしました。
(って、そういうドラマじゃないですよね・・・;)
2011/07/16(土) 21:06:30 | URL | dauphine #OARS9n6I[ edit]
なぜか、匿名のコメントになっていましたが、masakoでした。煙突からサンタではなく、煙突から鳩ですか。それはびっくりしますな。私、どちらかというと、そういうドラマ好きです。
2011/07/17(日) 08:02:29 | URL | masako #iX1rXjjY[ edit]
煙突が素敵過ぎます!!
パリの煙突フェチですからねぇ、私(^_^)v

私も大分、ブログをさぼってます(汗
娘が、一時帰国してくるので、あれこれ忙しくしています。
お互い、無理せず更新しましょう!
2011/07/17(日) 11:53:57 | URL | セシリア #leF2ecbc[ edit]
>masakoさん
関西弁から、masakoさんかな、とはうすうす思っていましたが・・・。やはり。

ちなみに、「屋根を伝って窓からネコ」「さらにそれを追って、屋根を伝って窓から隣人」
というドラマも経験しております(笑)。あれはスリル満点でした。

※別の記事の別の方へのコメントにも書いたのですが、しばらく私が更新
しなかったせいか、匿名になっちゃった現象が何件か記録されています。
(コメント記入欄の「Name」欄が初期化されたのではないかと。。。)
知らないうちに「投稿者を当てるゲーム」でも流行ってるのかと思い、
ドキドキしていました(笑)。
2011/07/19(火) 22:19:18 | URL | dauphine #OARS9n6I[ edit]
>セシリアさん
フェチを公言する方に煙突気に入って頂けてよかったです^^

娘さん一時帰国されるんですね!

(私の場合は多少の無理を自分に課さないと更新しなくなるので・・・多少無理して
頑張ります!)
2011/07/19(火) 22:23:50 | URL | dauphine #OARS9n6I[ edit]
屋根を伝って窓からネコ&人・・・知りたい!!

NYの若い友人のアパートメントで、窓から非常用梯子で屋上に上がり、帰りに別人の部屋の窓から入るということをやりました。もちろん知り合いの部屋でしたので、夕食まで頂きました。ええ年したおばさんのやることではありませんな。
2011/07/20(水) 21:50:52 | URL | masako #iX1rXjjY[ edit]
恐るべき民衆のパワー、という一言に、すべてつきますね(爆笑)
2011/07/21(木) 22:30:59 | URL | みなこ #Shg9h0fw[ edit]
>masakoさん
いいですね、「いい年」なんて気にせず、そういうことをやらかしてくださる
方々、大好きです^^。是非、いつまでも続けてください(笑)。
窓からの侵入を許し、あまつさえ夕食までごちそうしてくださる方も粋ですが。
ただ、屋根やはしごに登るときは、くれぐれもお気をつけて・・・。

窓から隣人の件は、そのままです。あるとき部屋の中でネコの声がするので
ふと見ると、なぜか子猫が入り込んでおりました。侵入経路を推測するに、
屋根(幅30cmくらいしかない細い屋根で、おまけに6階です)を伝って
近隣の部屋からやってきたのだろうと思われました。しばらく窓から身を乗り出して
思いを巡らせていると、隣の窓から若い女性が顔を出し、
「子猫を見かけませんでしたか?」
「私の部屋にいますよ!」
「よかった!!(涙)」
と、その女性、おもむろにその高さ6階・幅30cmの屋根を伝って
私の部屋の窓までやってきて、子猫をつかまえると、
「ありがとうございました!」
と言って、子猫を抱えたまま、また窓から屋根を伝って帰って行きました。

あまりのことに唖然とし、落ちるんじゃないかとハラハラしました。
という次第です。
2011/07/21(木) 23:33:26 | URL | dauphine #OARS9n6I[ edit]
>みなこさん
全くです、民衆の力はすごいです、ホントに(笑)。
(7/14でしたしね)
2011/07/22(金) 00:09:01 | URL | dauphine #OARS9n6I[ edit]
窓の外にせり出した屋根ですよね。ローマの休日でアン王女が窓から出て隠れた所かな?そんな場面なかったですかね。でも、いくら愛猫のためとはいえ、6階でそういうところに出られると隣人はすごい!
2011/07/22(金) 20:04:47 | URL | masako #iX1rXjjY[ edit]
>masakoさん
そんなシーンがあったような、なかったような・・・。(何しろ20年近く前に
一度見たきりです)

愛猫のために必死だったんでしょうね。。。
私も時々屋根に出たり寝転がったりはしていましたが、さすがに隣の窓まで
歩く勇気はありませんでした。
2011/07/23(土) 21:33:01 | URL | dauphine #OARS9n6I[ edit]
post a comment
URL:
Comment:
Pass:
秘密/closed: 管理人にだけ表示を許可する/show only to the administrator
 
アクセス解析タイ・バンコク情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。