Les Adorables - 愛すべきパリの人びと
シックでロマンチックなはずのパリで見つけた、お茶目な人びと。


※サイドメニューが写真に重なって表示されてしまう場合は、お手数ですがウィンドウ幅を広げてみて下さい。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
隣人の理不尽な人気/ outrageous popularity of a neighbor/ popularite deraisonnable d'une voisine
outrageous popularity
ルーブル美術館、モナリザの前の人だかり。
「ここにも美女がいるのに!」と言いたげな、左上の絵の女性。

At the Louvre Museum, a crowd in front of the Mona Lisa.
A lady in the painting behind, seems to want to say "here's another beauty!! You are missing it!".

Au musee du Louvre, une grande foule devant la Joconde.
Une damme dans une peinture derriere semble vouloir dire: "et voila une autre belle derriere vous!".

4/20から5/3まで、お休みを頂きます。
また5/4にお会いできるのを楽しみにしています。
*Will be back on May 4th. Looking forward to see you again.
*Reviendrai au 4 mai.Me ferai plaisir de vous revoir!


↓↓道理にかなった人気クリックお願いします!
ranking banner

comments
comments to this photo
メジャーサイトの端に貼り付けたバナーのようなものでしょうか?
でもセシリアさんご指摘の通り美しさはモナリザを凌いでいるかも
ただ、モナリザの絵が放つオーラは普通ではありません
2011/04/19(火) 09:55:14 | URL | Yossi #NqgXfLUo[ edit]
ルーヴルって写真撮れるんですか!?
意外でびっくりです。
モナリザの隣人さん、むしろモナリザさんより、美しい気が・・・
2011/04/19(火) 11:25:20 | URL | セシリア #leF2ecbc[ edit]
>Yossiさん
しかも、諸肌脱いでサービス(?)までしてるのに・・・。^^;

モナリザって、実は私はどうも、未だによさもオーラも分からなくて・・・。
ダヴィンチだったらむしろ、岩窟の聖母なんかのほうが惹かれます。
2011/04/19(火) 22:19:43 | URL | dauphine #OARS9n6I[ edit]
>セシリアさん
撮れる場所と撮れない場所があり、モナリザ界隈は一時期禁止されたのですが、
禁止が解除されていたり、しょっちゅうポリシーが変わっている印象です。

モナリザは美しいっていうより、ミステリアスなところがウリなんでしょうね、きっと。
よく分からないですが。(美人・・・ではないですよね・・・)。
美人ではないけれどなぜか魅力的な人っていますものね。
逆にこの後ろの絵、美人だけれどなぜかモテない人っていますものね。。。
2011/04/19(火) 22:24:26 | URL | dauphine #OARS9n6I[ edit]
こんにちは、前まではよく見させてもらって
ました、でも今はあまり。。
だって、あなたは日本の地震の事には無関心で
ランキングだけを気にしていて、、
そういう方だったんだなと思って
とても残念な気持ちになったのです。

2011/04/22(金) 04:31:04 | URL | .. #-[ edit]
私の前にコメントされた方は何を望んでいるの?3月14日1回目の投稿では不足ですか?
 通常通りの在り方だから地震に無関心、とは言えないのだから。
 あなたのコメントは、公人ではない個人ブログに求めるものではないと思う。
2011/05/01(日) 23:58:09 | URL | ふらり #-[ edit]
>..さん
コメントを頂いてからだいぶ時間が経ってしまっているようなので、この返信を読んで頂けるか
わかりませんが・・・。
長文になります。

正直、これは驚きました。
よく存じてもいない方に、「あなたは~な人だ」などと決め付けられるとは。
..さんは私が日々どんな気持ちで暮らしているか、それどころか、私の近しい人物が
被災したかどうかすらご存じないわけですよね?

葬儀の場で、泣いていない参列者や遺族がいるからと言って、悲しんでいないと決め付けて、
「あなたは亡くなった方に興味がないんですね。(私(や○○さん)はこんなに泣いているのに)」
などとは言わないと思いますが、どうでしょう。

よく知らない相手に対してこのような一方的な評価をくだすのは、あまりに横暴ではありませんか。

興味がないはずがありません。
特に今回、震災の日はたまたま長期帰国中でした。
被災地から遠いとは言え、今まで経験したことのない妙な揺れを経験し、津波の映像は
リアルタイムで見てショックを受けました
(「津波対策では名高い地域だし、大した被害はないだろう」と思って見ていたのが、
どんどん裏切られました)。
その後も余震や放射能におびえ、近所の火山や活断層におののき、
停電や買占め騒動の中で非常時の冷静さを試され、
連絡の取れない友人たちを心配し・・・、
個人的経験の範囲に限っても、無関心でいられるはずがない状況でした。

そして、その範囲以上でも、日々伝えられる被災地の状況に、それに対する自分の無力に、
ずっと苦しんで来ました。

..さんは欧州在住でいらっしゃるようですので、「遠くにいて何もできない辛さ」を
感じておられることと思います。
しかし、物理的に近くにいることは、もっと歯がゆくもどかしく辛いものでした。
遠くにいる場合は、「距離」を呪えばいいことですが、近くにいる者は、
「金もコネも技術もない自分」を呪わなければならないからです。
せっかくたまたま近くにいるのに、何もできないのです。

日々、自分に何ができるのかを考えました。今も考えています。
まずは募金、物資協力、節電、微力ながらのボランティア、チャリティ・・・
(献血ができない体なのが悔しいところです)。
外国人向けの啓蒙を兼ねた募金イベントも企画中です。
初動で力になれなかった分、息の長い支援をできたら、と思っています。
もちろん、億単位の募金や、被災地に入っての救援活動などに比べたら取るに
足らないものです。
悲しいくらい微力です。
でも、だからと言って、「興味がない」などと決め付けられるいわれもありません。

これらはただし、ブログには出てこない、「一市民としての私」の立場です。

でも、..さんはきっと、「ブロガーとしての私」を問題にされているのでしょうね。
元心理学生として(?)、深層心理を推測してみると、..さんが私を非難したかった
本当のポイントは、おそらく、以下の2つなのでしょうね。

①ブログを震災支援などに活用しなかったこと。
②震災に対する立場をきちんと記事という形で書かなかったこと。

まず、①ですが、当初は私もブログを直接的な震災支援に使う可能性も考えました。
力になれるなら何でもしたかったですからね。
しかし、ここではそもそも普段からも情報などは一切出していませんし、ここに来て
くださる方々が何を求めているか考えたら、「支援情報」の類ではないのではないかと
思いました。

こういう状況の中、私のブログのような場所にわざわざ来てくださる方がいるとしたら、
それは、「ちょっとした息抜きや安心」を求めてなのではないかと。

非常時のとき、あえて日常を続けることで、心のよりどころになるものです。
一見くだらなく見えるようなささやかな習慣でも、「あっ、なんだかいつもと同じだ」と、
驚くほどの安心感を与えられるものなのです。

それで、このブログに関しては、あえて非常時体制にはしないことにしました。
周りのすべてのメディアが全て非常時になってしまっているのです、
どこか一部だけでも日常の安心を感じられる場所が必要なのではないか、と。

もちろんいろいろな考え方がありますから、違和感を感じる方もいらっしゃるでしょう。
でも、ブログは、テレビなどと違って、利用者が自分から望んでアクセスしない限り、
目に入らないものです。
「非常時にあえて日常を続ける」ことを望まない方は、ご自分からアクセスされなければ、
それで済みます。

だから、私は、「安心や息抜きが欲しい」方のほうに扉を開いておこうと思いました。
「ユーモアの力」で、"非"被災者の方々が少しでも早く元気になり、前向きになることを
助けるのも、大きな意味で言えば、復興支援のひとつのあり方とも言えるのでは。

これがこのブログの立場です。

ただ、こうしたことを、(コメントのやりとりでは個別にお答えしたのですが)
きちんと記事という形で表明しなかったことで、「ちょくちょく見」てくださっていた方を
「がっかり」させてしまったのは私のコミュニケーション不足だったかも知れません。
その点に関しては反省します。

きっと、お見舞いの言葉のひとつを書くだけでもよかったのでしょう。

ただ、私にはまだ、儀礼的なお見舞いの言葉すら含めて、この震災に関する思いを
言葉にすることができません。
どんな言葉も軽すぎる気がして、どうしても言葉にできないのです。
それで、「言葉」ではなく、ひとまず、「行動」をすることにしました。
「行動」、このブログに関しては、上に書いた通りです。
今後ご理解を頂ければ、と思います。


ところで、ランキングですが、参加している以上、10位以内には入っていたいと
思っていますし、やはりポイントが上がればうれしいです。
が、「ランキングにしか興味がない」と言われるほどこだわっているわけではありません。
ランキングが下がると生活が困るというわけではないですし、人気が下がって見に来てくれる人が
いなくなってしまったら、ブログをやめればいいだけのことですから。

他にあまりテキストのないブログなので、毎回のクリックコメントが目に付いてしまいやすい
のでしょうか。

ま、純粋に皆様の1クリックがうれしいのは否定しようのない事実なんですけれど。


5/11追記:
上記で「"非"被災者」に限定したのは、特に震災当時の状況で、実際に少しでも被災された方は、
このようなブログを見る余裕はなかっただろうと思われるからです。
でも、もし被災された方の中でも、だんだん余裕が出てきて、当ブログを訪れてくださる方がいらっしゃるなら、
もちろん皆様をほんのわずかでも、そして一瞬でも元気にできたら、と思っています。
2011/05/09(月) 05:22:34 | URL | dauphine #OARS9n6I[ edit]
>ふらりさん
心強いコメント、ありがとうございました。

人によっていろいろな意見や感じ方があるし、ネットはそうした個人の感慨を、
顔の見えない匿名で簡単に表に出せてしまうので、怖いですね。

それに、ブログって、すべての記事をしっかり読んで頂けるとは限らない
ですからね・・・。誤解や思い込みも生じやすいんですよね。

でも、ふらりさんのように思ってくださる方もいるのだと思い、勇気付けられましたよ。
2011/05/09(月) 05:45:08 | URL | dauphine #OARS9n6I[ edit]
↑思っている人は、複数ですよ! 普段の いつものブログに会えることでどれだけ癒された人がいるでしょう、 私も実家が震災地にあるので心配しました。いろんな励ましの仕方があると思いますよ。 型どうり、ヒトと同じようなやりかたでなきゃいけないと思うと腹が立つ、かもしれませんね。 ワタシも自分が出来る範囲で応援し続けたいです。 家族は無事でしたが、まだ余震が頻繁にあるようで船酔いしているみたいだといってました。 ブログは続けてください、応援していますよ。クスッと笑えるちょっとしたセンス(実は大変な取材量?)が好きです。
2011/05/09(月) 10:06:04 | URL | かげろふふ #cnhWrWAI[ edit]
>かげろふふさん
ありがとうございます。心の支えになります!
特に、被災者側に近い立場の方からそう言って頂けるとホッとします。

かげろふふさんのご実家がご無事で本当に何よりでした。

余震、早く収まるといいですよね。。。
私は本震(のお裾分け)の途中で気持ち悪くなりましたが、あれがずっと続くことを考えると、
心理的にも身体的にも辛いですよね・・・。

応援ありがとうございます!
2011/05/11(水) 00:37:15 | URL | dauphine #OARS9n6I[ edit]
post a comment
URL:
Comment:
Pass:
秘密/closed: 管理人にだけ表示を許可する/show only to the administrator
 
アクセス解析タイ・バンコク情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。